メニュー

すい臓の病気(膵炎・膵のう胞・膵臓がんなど)

すい臓(膵臓)とは胃の裏側に存在し、大きさは長さが約15センチ、幅が約2-3センチ大で重さは80グラムと、消化器臓器の中では比較的小さな臓器です。膵臓の機能としては消化液を分泌したり、インスリンなどのホルモンを分泌したりします。膵臓の機能が低下すると消化液の分泌不足により消化不良を起こしたり、インスリン分泌不足にて糖尿病を発症したりします。

急性膵炎

急性膵炎とは、アルコール・胆石・高脂血症等によって急激に膵臓に炎症が生じる病気です。膵臓は消化液を分泌するため、重症となった場合は自己の消化液で自分を消化してしまい、その為最悪の場合多臓器不全となり致命的になるケースもあります。

アルコールを多飲したり、脂っこいものを多く食べた時、高脂血症・胆石症を持っている方が急に腹痛を生じた場合、急性膵炎の発症が疑われます。血液検査・画像検査で診断し、診断がつくと殆どの場合は病院への入院治療が必要です。

慢性膵炎

慢性膵炎とは、主にアルコール等によって膵臓が変性(線維化)を来し、膵臓の機能が低下する病気です。症状としては腹部の痛み、背中の痛み、体重減少、下痢等が見られます。さらに病状が進行して膵臓の機能が低下すると自覚症状は少なくなりますが、膵臓の機能低下に伴う栄養の吸収不良が見られ。さらに痩せていくにも関わらずインスリン分泌低下による糖尿病の発症を認めます。血液検査・画像検査で診断し、治療としては根本的治療は存在しませんが主に薬物治療による対症療法が行われます。症状が進むと入院となりすい臓の管の通りを良くする内視鏡治療を行ったり手術療法を行ったりすることがあります。また慢性膵炎に関連する糖尿病はインスリンによる治療となることがあります。アルコール依存症の方が罹患することが多く、膵臓の治療の他にアルコール依存に対するアプローチも必要です。

膵のう胞

膵のう胞とは、膵臓に出来る液体が溜まっている袋状のもの(嚢胞)の事です。膵のう胞には様々な病気がありますが、症状に乏しく良性である事が多いため経過観察となる事が多い病気です。しかしながら一部悪性の膵のう胞があり、また良性と診断されても時間が経過することで悪性化する膵のう胞も存在します。万一悪性が疑われる場合は手術によって切除する必要があるため、膵のう胞と診断された場合は定期的に精密検査を受ける事が重要です。また一部の膵のう胞(膵管内乳頭腫瘍: IPMNと言います)ではそれ自体が良性であっても、経過中に悪性度の高い膵臓がんが膵臓の他の部分に発生する可能性が高い事がここ10年間の研究によって判明してきました。そういった意味からも膵のう胞が認められた場合は定期的な精密検査が必要です。

膵臓がん

悪性度の高い膵臓がん(膵管腺癌)は残念ながら現代医療においても早期発見が非常に難しく進行も早い病気です。喫煙や肥満、糖尿病、慢性膵炎、遺伝によるものなど、様々な要因で発症すると言われていますが直接の原因は不明です。近年上述したように膵管内乳頭腫瘍という膵のう胞疾患が膵臓がんのリスクファクター(危険因子)であることがわかってきました。

膵臓がんは血液検査や画像検査、内視鏡検査や病理検査(細胞検査)によって診断します。残念ながら症状が腹痛や腹部不快感など、ありふれたものである為早期発見が難しく、明らかな症状が出現するときは病期(ステージ)が進行している例がほとんどです。治療法には手術療法・化学療法等がありますが5年生存率はステージ I(実はこのステージではほとんど発見できません)で57%、手術ができた場合で約10%、手術ができない場合は3年生存率(5年生存率ではありません)が2%と極めて予後が悪い(治療の効果が少なく余命が短い)がんです。

がんについての一般的なよくある質問をまとめました。ご参考いただけると幸いです。

https://chitoseshinano.jp/?p=595

以上より膵臓の病気に対しての治療の多くは、クリニックで行えることは正直少ないのが現実で。残念ながら特効薬の様な有益な情報を皆様に与えられないことが非常に歯がゆく、残念に思います。ですが治療ではなく診断や、病気に対するご説明ができる場合もあるので、気になる症状がありましたらご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME