メニュー

がんについて

[2015.09.25]

ここ数日、芸能人やキャスターの方が、がんで倒れるニュースを目にするようになり心が痛みます。

悪性腫瘍(がん)は、実は体のいたるところに出現します。そして癌は、その出現する癌種によって、進行するスピード、悪性度が色々変わります。言い方を変えれば、「臓器によって癌の経過も変わる」という事になります。早期で発見することができ、完治が望める癌もあれば、残念ながら今の医療技術では早期で見つける事が困難であり、完治が極めて困難な癌もあります。

でも、考え方を変えれば「早期で発見できて完治できる癌」を見逃すことは非常に残念であり、勿体無い事だと思います。早期で発見できる癌の代表は、胃癌・大腸がんであり、これらは内視鏡検査で早期発見が可能ながんであります。

いわゆる癌年齢と言われる年代となり、気になる症状があった時は是非内視鏡検査を受けていただくことをお勧めします。当院ではできるだけ苦痛なく、質の高い内視鏡検査を施行出来る様、万全の体制を整えていきたいと思っております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME