メニュー

インフルエンザについて(2019年版)

[2019.01.10]

当院ではインフルエンザの検査、処方を行なっております。

インフルエンザが流行する季節になりました。日常診療において良く訊かれる質問を厚生労働省インフルエンザQ&Aから抜粋・加筆し、まとめましたのでご参照ください。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

インフルエンザと風邪の違いはなんですか?

 共にウィルス感染症による発熱・咳・のどの痛みなどの症状を呈する疾患であることは変わりありませんが、インフルエンザの場合その感染力が強力で、症状が急激、かつ風邪と比べて比較的重症です。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になりそれを契機に致死的になることがあります。

 インフルエンザにかからないためにはどうしたらいいですか?

 インフルエンザは、発症者からのくしゃみなどで出た分泌物にあるウィルスが体の中に入ることによって発症します。つまり、その分泌物に触れないようにすることが感染予防につながります。具体的には、
1:手洗い・うがいの徹底
2:人込みを避ける
3:咳エチケットを意識する(感染が疑われたらマスクをする)
4:ワクチンを接種する。
5:十分な睡眠とバランスの取れた食生活をする。
6:部屋の保湿
等が挙げられます。

 インフルエンザになった場合、市販の風邪薬は効果がありますか?

インフルエンザによる症状に対して、市販の解熱剤を内服することがあると思います。多くの解熱剤は発熱などの症状に効果がありますが、特にお子様の場合一部の解熱剤を使用すると脳症やライ症候群といった命にかかわる重篤な症状を発症する可能性があると言われていますので、不安がある方は薬剤師、もしくは医師にご相談されるのが賢明だと考えます。

 インフルエンザになった場合、どれくらい仕事を休めばいいですか?

 学校では学校保健安全法によって「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としていますが、企業においては法的な制限はありません。明確な基準はないものの、通常学校での出席停止期間に準じて会社を休むことをお勧めしています。少なくてもインフルエンザに罹ってくしゃみや咳が続いている間は、感染させる可能性がありますのでマスクなどをして咳エチケットをされることをお勧めします。

 発熱しました。インフルエンザが心配なので病院で検査をしてインフルエンザではない事を証明し、診断書を発行してもらって学校や会社に行きたいのですが。

インフルエンザの検査キットは残念ながら100%の検出感度ではないので、検査をして陰性であったとしても実は「インフルエンザではない」という証明にはならないのです。また、仮にインフルエンザではないとしても発熱等風邪症状があるわけで、風邪としても他人に感染させる可能性はある訳ですから症状が治まるまで無理をせず安静にしておくのが大事なことだと思います。

言い換えると、「発熱したけどインフルエンザ検査で陰性だったからインフルエンザではなく、よって学校・会社に行っても良いという事にはならない」という事はご理解ください。

 インフルエンザに罹ったので抗インフルエンザ薬と、抗生物質をください。

 インフルエンザを発症した場合、ノイラミニダーゼ阻害薬若しくはエンドヌクレアーゼ阻害薬という抗インフルエンザ薬が処方されますが、抗インフルエンザ薬は発症(発熱)後48時間以内に服用することが勧められています。理由は、抗インフルエンザ薬はインフルエンザウィルスを直接殺すのではなく増殖するのを防ぐ作用があるので、48時間経過してしまうとウィルスが増殖しきってしまい、薬の効果が減ってしまうからです。

また抗生物質はインフルエンザウィルスに直接は効きません。しかしながらインフルエンザにかかることにより肺炎球菌などの細菌にも感染しやすくなっています。このため、ウィルス以外の他の細菌にも感染(混合感染)することによって起こる気管支炎、肺炎等の合併症に対する治療として、抗菌薬等が使用されることはあります。よってインフルエンザに罹ったから抗生物質の内服という事ではなく、ケースバイケースという事になります。

新しい抗インフルエンザ薬とは何ですか?

2018年3月より、従来のノイラミターゼ阻害薬(タミフルⓇ等)とは異なる作用機序の抗インフルエンザ薬(ゾフルーザⓇ)が発売されました。従来の薬に対してこの薬剤の利点は
①:単回投与であること(1回飲めばOK) 
②:飲み薬である事(吸入薬だと咳き込んだり等をして服用に失敗することもあり)と思われます

しかしながら欠点としては
①:従来薬より若干高価(患者負担で数百円~数千円の負担増)
②:新規薬剤なので副作用が不明(十分に臨床試験を行っているが、それでも予期しない副作用が起きることがあり)
③:予防投与に関しては効果不明
④:この薬が効かない耐性ウィルスの報告がある
⑤:タミフルとの効果には差がない

と言われております。また妊婦には十分な臨床試験が行われておらず、「有益性投与」と言う処方が推奨されております(有益性投与とは、この薬を使用しなかった場合の危険性よりも、この薬を投与した場合の結果が良くなると予想される場合に投与するという事です)。また動物実験にて乳汁にもこの薬剤が検出されること、及び他に代替できる薬剤(タミフル等)があることも鑑みると妊婦及び授乳者には現時点では投与を控えるべきかもしれません

当院では新規抗インフルエンザ薬は上記のメリット・デメリットを相談しながら処方させていただいております

妊娠中・及び授乳期にインフルエンザワクチンは行ってもいいでしょうか?また、インフルエンザに罹った時に抗インフルエンザ薬は飲んでいいでしょうか?

日本産婦人科学会の報告によると、妊娠期にかかわらずインフルエンザワクチンの接種に関しての胎児に対する影響は報告されていません。ワクチン合併症に関しても、妊婦とそうでない人の副作用発生率は変わりないと言われています。

抗インフルエンザ剤も、妊婦・及び授乳期の女性が内服しても問題ないとされています。一方で上述したように新規抗インフルエンザ薬は現時点での副作用については不明であるため有益性投与若しくは控えた方が適当であると思われます。また別な話ですが妊婦は免疫能力が低いのでインフルエンザに感染すると重症化することがあります。インフルエンザに感染した疑いがある場合は早急なる対応が必要です。

http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20101222.html

インフルエンザワクチンを接種しましたが、インフルエンザに罹ってしまいました。正直ワクチンは効果があるのですか?

インフルエンザワクチンは、残念ながら接種すればインフルエンザに絶対にかからないというものではありません。しかしながらある程度の発病を阻止する効果があり、また、たとえかかっても症状が重くなることを阻止する効果があります。また集団免疫という概念があり、ワクチンを打つことによって感染者を減らすことで、その結果アレルギー等何らかの事情によってワクチンを打つことができない人を感染から守るという間接的な効果もあります。

平成11年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業「インフルエンザワクチンの効果に関する研究(主任研究者:神谷齊(国立療養所三重病院))」の報告では、65歳以上の健常な高齢者については約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったとされています。

また学校でインフルエンザ集団予防接種(学校で半強制的に接種)が行われていた期間(1984~1987年)は、インフルエンザによる学級閉鎖は平均2日程度であったのに対し、インフルエンザワクチン接種率が極端に低かった1995年-1999年の間は平均学級閉鎖が20日以上あった事、集団接種を行っていた時の日本人のインフルエンザ関連死が少なかった記録があるなど、集団生活におけるインフルエンザワクチンの感染予防効果はあるものと考えられております

今年インフルエンザになってしまいました。今から予防接種は効果がありますか?

一旦インフルエンザに罹った人は、そのウィルスに対して抗体というものが体の中にできますので、全く同じ型のウィルスに再び感染することはありません。そう考えるといったんインフルエンザに罹ったらワクチンを打たなくてもよさそうですが、実はインフルエンザには大きく分けてA型とB型があり、時々1シーズンでその2タイプに感染してしまう方もいらっしゃいます。ワクチンにはA型とB型の二つのタイプに効果のある成分が入っていますので、いったんインフルエンザに罹患した人でもワクチンはある程度の効果はあるものと思われます。

ちなみに、インフルエンザウィルスは毎年形が変化しているので麻疹や風疹の様に1回接種すれば良いという話には残念ながらなりません。よってインフルエンザワクチンは毎年接種した方が良いと考えられます。

インフルエンザになってしまいました。同居している子供や親に遷して(うつして)しまうのが心配です。どうしたらいいでしょうか?

インフルエンザはその伝染力が強力であり、感染者が家族にいると他の家族にも感染する可能性が高いと思われます。もし家族に感染者が出てしまった場合は、
①:感染者はマスクをし、くしゃみや鼻水による分泌物をまき散らせない様にする
②:咳やくしゃみをするときには口を手で押さえない(手にウィルスが付着して感染が広がります)
③:感染者と非感染者を出来るだけ同じ部屋におかない
④:ウィルスは飛沫物(くしゃみや咳で出る唾や痰)に含まれており、それに接触することで主に手を介して感染するため、手洗いを行う
⑤:皆が触れる部分(ドアノブやテーブル・椅子)は丁寧に拭き掃除をする。インフルエンザウィルスに対してはアルコール布によるふき取りも有効です

を行い感染対策に努めてください。尚タミフル等の抗インフルエンザ薬を予防的に内服するという事は、論文上有効であるとされておりますが保険収載されておりません。希望者は自費診療になることをご理解ください。

以上、インフルエンザに関する情報を記載しました。ご不明な点がありましたらお問い合わせください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME