メニュー

ピロリ菌除菌後も胃カメラ検査を受けましょう

[2018.12.10]

ヘリコバクターピロリ菌(以下ピロリ菌)は胃潰瘍の原因となるばかりではなく、胃がんの原因となる事が近年の研究で明らかになってきました

またピロリ菌を除菌する事で胃がんの発生頻度を下げる事も解っており、内視鏡で萎縮性胃炎の診断で胃がんがない場合でも除菌されることが保険収載されております

しかしながら除菌後であっても、胃がんの発生率は下がるものの残念ながらその可能性がゼロになったわけではありません
文献によると除菌後の追跡調査にて、除菌後にも関わらず年齢などの調整事項がありますが、その後9年間の間に約2%の発がんが確認されております

 この理由は、除菌時に内視鏡検査で確認できるレベル(数ミリ)の胃がんは否定されているものの、それより早期や細胞レベルでの発がんは内視鏡上確認できないためそれが進行されたためと思われます

そのため、除菌後も1-2年に1度は内視鏡検査をすることをお勧めします

当院でも多くの方にピロリ菌感染が確認され、除菌術を行っております。除菌されたからもう安心というわけではなく、定期的に検査を受けましょう

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME