メニュー

歯周病と糖尿病

[2018.12.06]

今回は歯周病と糖尿病について記載します

歯周病は、歯肉炎や歯槽膿漏とも言われており歯科の先生が治療している疾患です。歯を磨いた時にいつも血が出る方は歯周病の可能性がありますので歯科受診をお勧めします。

そしてさらに、糖尿病にかかっている方は歯周病になる確率がそうでない人に比べて2.6倍という報告がなされました
また歯周病に糖尿病を合併している方は、歯周病の治療をすると糖尿病のコントロールが良くなるというデータもあります

つまり

歯周病の方は糖尿病に罹患している可能性があり

糖尿病で通院されている方は歯周病に罹患している可能性がある

という事になります

歯を磨いたら血が出る方
糖尿病で加療されている方

は歯科受診をお勧めします

また現在歯科にて歯周病の治療を行っている方

は内科で糖尿病の検査を行う事をお勧めします

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME